植木すいか【高糖宣言】

 

絶妙な甘みとたまらないシャリ感、そして最高の余韻

 

宮崎さんのすいかは、完熟収穫を目指す為に通常の収穫適期よりも長く畑の中で育っています。種はほぼ黒く育ったものが多く、果肉は熟れてほぐれやすくなっています。上の写真のように、すいかを切った時に種が落ちることもあります。
すいかは甘いだけではダメ、シャリシャリの食感だけでもダメ。すいかそのものの心地よい洋風なフレーバーがないと本物とは言えない、私たちはそう感じています。
宮崎さんのすいかはその全てを兼ね備えています。それは宮崎さんが長年かけて作ってきた土壌にしっかりと養分が蓄えられ、その中で完熟まで育てているからです。
本当に美味しくなるその日まで、最後の1玉まで、たくさんの日差しと栄養たっぷりの土壌で過ごしています。
これがNakataのお店に並べるすいかです。

 

 

すいか

 

すいかを作っているのではない、

ただひたすら、すいかが育つ環境を作っている

熊本県植木地方は、昼は気温が熊本市内地よりも高くなり夜は下がるという寒暖差がありますが、その差が活きています。技術や肥料への拘りや取り組みは当たり前。宮崎さんはビニールハウスの扉を明け、畑に入った瞬間に土、すいかが何を欲しているのかを判断します。その日の天候、温度、土の手触りで感じる粒子の大きさ。40年以上かけて育ててきた土。すいかへ供給する栄養を考え、すいかにあった団粒構造(孔隙(こうげき)に富み,空気や水の透通性がよく,また水や植物養分を保持する力が大きいので植物にとって好ましい状態)への取り組み。この「人に必要な栄養」をすいかに込められているからこそ、食べた後に余韻が残ります。まさに、土づくりの物語です。

 

 

育成が難しい品種「七色星」は

香り・風味のレベルが段違い

 

育成が難しく収穫率があまり良くない品種「七色星」を作っているのは、香り、風味のレベルがほかのスイカと比べ、圧倒的に高いからです。すいか職人の宮崎さんは、「七色星」の種を見た瞬間、作ることを決断されたそうです。それはすいかに対するあくなき探究心と、土作りに絶対の自信があるからです。「七色星」そのものが持つ特性と、宮崎さんが育ててきた栄養分たっぷりの土壌が本物のすいかを作りました。

 

 

私のスイカを手にとっていただいた方に伝えたいのは…

食べて頂ければ、全てが伝わると思っています。

 

 

Nakataおすすめの食べ方

水道水で冷やす程度、あまり冷やし過ぎずに何も付けずにそのまま食べて欲しいです。

 

 

本当に美味しい中すきがある
昔ずいか【高糖宣言】

2玉入り

3,800円(消費税込み)

※送料は別途

 

販売時期

5月〜6月初旬
※美味しいスイカが無くなり次第終了します。

ご自宅用にオススメです!

 

昔ずいかとは?

本当に美味しい 昔ずいか

まだまだ日本にすいか畑が多い時代。畑のそばを通った時、パチパチっとすいかが割れる音がして、その辺り一面に甘いすいかの香りが漂って「あぁ、すいかの食べごろがきたんだ」。懐かしく感じてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。これが食べ頃の完熟すいかです。中身も割れています。今はこの「中すき」のすいかは市場では敬遠されていますが、実はこれが美味しいんです。

 

ご贈答用もございます

 

秀3L 植木すいか【高糖宣言】

3Lサイズ×2玉入り

8,500円(消費税込み)

※送料は別途

 

販売時期

5月〜6月初旬
※美味しいスイカが無くなり次第終了します。

 

 

 

秀L 植木すいか【高糖宣言】

Lサイズ×2玉入り

5,000円(消費税込み)

※送料は別途

 

販売時期

5月〜6月初旬
※美味しいスイカが無くなり次第終了します。

 

 

 

Nakataでは

商品をしっかりご説明したいから

お電話でのご注文のみ承っております。

TEL.090-4350-8310

電話ご注文受付時間

毎週月曜日〜土曜日 14時〜16時